島の光

横幅用

 「島の光」
~瀬戸内に浮かぶ島・小豆島からの贈り物~

素材、製造工程にこだわりがあります。


小豆島手延素麺「島の光」の原材料は、小麦粉・塩・ゴマ油のみといたってシンプルです。シンプルだからこそ、素材にはこだわりがあります。そして、江戸時代から400年間受け継がれている伝統の技が、素材の旨味を引き出します。

島の光の五大特徴


1、良質粉使用 2、熟 成 製 造

島の光には、粘りの出にくい中力一等粉を使用しています。強力粉であれば粘りが出やすいので、何回も熟成を重ねる必要はなく、より簡単な工程で作ることが出来ます。しかし粘りの出にくい中力粉を使い、手間と時間をかけて何回も熟成を重ねることで、よりコシが強くとツルっとしたのどごしの良い素麺に仕上がります。

3、ゴマ油使用

小豆島の素麺作りに欠かせないのが、なんといっても「ゴマ油」です。ゴマ油を使うことで、酸化・劣化ともにしにくいため、変わらぬ味と品質を保ちます。
4、天日乾燥(自然乾燥)
瀬戸内海に浮かぶ小豆島では、冬の寒い時期に素麺を作ります。出来た素麺は島を吹き抜ける寒風の中、天日干しがなされます。
5、全品箱毎検査
熟練の検査員が一箱一箱厳正に検査をします。検査に合格した素麺だけがその場で封紙を貼られ、検査印を押されます。このような過程を経たものだけが、「島の光」として出荷されるのです。
【島の光のお召し上がり方】

1.素麺6把(3人分)の場合、先ず3リットルの水を沸かし、よく沸騰した時、素麺をほぐしながら「パラパラ」と湯の中へ落とし入れます。

2.しばらくすると素麺が浮きあがり、素麺が半透明の状態になりますから、ここでゆで加減を一度おためし下さい。

3.約2分でゆであがります。ゆですぎぬように注意をするのが一つのポイントです。


【島の光の保存方法】


1.カビや害虫を避けるため、風通しがよく湿気が少ない場所に保存してください。

2.なお、五月以降(および梅雨の時期)は、ビニール等で包んで密閉するようにしてください。

~うどんの美味しい茹で方・美味しくするコツ~

横幅用

一、大きな鍋に水を入れ沸騰させます。
お湯の量は麺の重さの10倍以上が理想です。
※300gのうどんなら最低3ℓ以上のお湯が必要です。
ニ、沸騰したら適量のうどんを入れます。沸騰していたお湯が静かになります。

☆茹で時間の目安☆
釜揚…12~14分 
かけうどん…14~16分 
醤油・ざるうどん…12~14分
三、1分ほどでうどんが浮き上がってきます。お箸で優しくほぐしてください。
3~4分後、再度沸騰しますのでお箸でほぐしてください。
四、お湯がこぼれそうになったら、火を弱くしてうどんが鍋の中でおよぐ程度に火加減を調節します。

美味しく茹で上がるまで、じっくりうどんの変化を楽しんでください。
≪うどんを美味しくするコツ≫
■釜あげ・釜たまうどんはうどんのぬめりを楽しむために、麺が茹で上がったらそのまま器に取ります。
■しょうゆ・ざるうどんはうどんを締めてコシを楽しむために、麺〆(水洗い)をします。

<手順>一、茹で上がったうどんを鍋からざるに移します。
二、冷水でもみ洗いし、うどんをキュッと締めます。
■かけうどんはコシのある温かいうどんを楽しむために、上記一、二の手順にて水洗いし、締めた後、新しいお湯の中で湯通しし、温まったうどんを器に盛ります。


本場香川の讃岐うどん購入はこちらから>>>こだわり麺や

「山あいの里米」~契約農家で育んだこだわり米~

横幅用




西予市の城川(しろかわ)町と野村町は、高知県と隣接した中山間地域です。

自然を色濃く残した奥深い山々からは、渓流の水となって山の栄養分を里山にはこびます。

そのミネラルたっぷりな自然の恵みを伝承し育んできた人々。その歴史は脈々とこの地に流れています。

農家は「清流あるところには必ず美味しい米が存在する」と自信をもって胸をはります。

ここで収穫される良質米「山あいの里」は、粘りと旨味があり、冷めてもおいしいのが特徴です。



昼夜の気温差が大きいこの地区で栽培されたお米は、味の良さに定評があります。

ぜひ、お試しください!

愛媛のプレミアムな手作りジャムが完成するまで

1.加工-1
国内産(大部分は愛媛県産)の果物を一つ一つ手作業で丁寧に加工して行きます。
2.加工-2
長年使いこまれたナイフを使って、慣れた手つきで皮を剥きます。
3.製造-1
釜の中に加工された原材料を入れて火にかけます。一度火を入れたら手を休める暇がありません。
4.製造-2
大きな釜でじっくりと炊き上げます。一人が責任を持って一つの釜を仕上げます。
5.瓶詰-1
糖度や粘りなどを確認したら、数回煮沸された瓶に詰めます。熱いうちに一気に注ぎます。
6.瓶詰-2
重量と温度を確認し、瓶の口を拭きます。
7.瓶詰-3
瓶詰が終わったらすぐにフタをして行きます。迅速かつ正確さが求められる作業です。
8.冷却
再度煮沸された瓶は、段階を経て徐々に冷まされます。
9.梱包・出荷
商品の梱包から出荷まで、全て手作業で行われます。お客様のもとに無事商品をお届けして、商品が完成します。

愛媛のプレミアムな手作りジャムのご購入はこちらから>>>

味彩

ページトップへ