島の光

横幅用

 「島の光」
〜瀬戸内に浮かぶ島・小豆島からの贈り物〜

素材、製造工程にこだわりがあります。


小豆島手延素麺「島の光」の原材料は、小麦粉・塩・ゴマ油のみといたってシンプルです。シンプルだからこそ、素材にはこだわりがあります。そして、江戸時代から400年間受け継がれている伝統の技が、素材の旨味を引き出します。

島の光の五大特徴


1、良質粉使用 2、熟 成 製 造

島の光には、粘りの出にくい中力一等粉を使用しています。強力粉であれば粘りが出やすいので、何回も熟成を重ねる必要はなく、より簡単な工程で作ることが出来ます。しかし粘りの出にくい中力粉を使い、手間と時間をかけて何回も熟成を重ねることで、よりコシが強くとツルっとしたのどごしの良い素麺に仕上がります。

3、ゴマ油使用

小豆島の素麺作りに欠かせないのが、なんといっても「ゴマ油」です。ゴマ油を使うことで、酸化・劣化ともにしにくいため、変わらぬ味と品質を保ちます。
4、天日乾燥(自然乾燥)
瀬戸内海に浮かぶ小豆島では、冬の寒い時期に素麺を作ります。出来た素麺は島を吹き抜ける寒風の中、天日干しがなされます。
5、全品箱毎検査
熟練の検査員が一箱一箱厳正に検査をします。検査に合格した素麺だけがその場で封紙を貼られ、検査印を押されます。このような過程を経たものだけが、「島の光」として出荷されるのです。
【島の光のお召し上がり方】

1.素麺6把(3人分)の場合、先ず3リットルの水を沸かし、よく沸騰した時、素麺をほぐしながら「パラパラ」と湯の中へ落とし入れます。

2.しばらくすると素麺が浮きあがり、素麺が半透明の状態になりますから、ここでゆで加減を一度おためし下さい。

3.約2分でゆであがります。ゆですぎぬように注意をするのが一つのポイントです。


【島の光の保存方法】


1.カビや害虫を避けるため、風通しがよく湿気が少ない場所に保存してください。

2.なお、五月以降(および梅雨の時期)は、ビニール等で包んで密閉するようにしてください。