〜うどんの美味しい茹で方・美味しくするコツ〜

横幅用

一、大きな鍋に水を入れ沸騰させます。
お湯の量は麺の重さの10倍以上が理想です。
※300gのうどんなら最低3ℓ以上のお湯が必要です。
ニ、沸騰したら適量のうどんを入れます。沸騰していたお湯が静かになります。

☆茹で時間の目安☆
釜揚…12〜14分 
かけうどん…14〜16分 
醤油・ざるうどん…12〜14分
三、1分ほどでうどんが浮き上がってきます。お箸で優しくほぐしてください。
3〜4分後、再度沸騰しますのでお箸でほぐしてください。
四、お湯がこぼれそうになったら、火を弱くしてうどんが鍋の中でおよぐ程度に火加減を調節します。

美味しく茹で上がるまで、じっくりうどんの変化を楽しんでください。
≪うどんを美味しくするコツ≫
■釜あげ・釜たまうどんはうどんのぬめりを楽しむために、麺が茹で上がったらそのまま器に取ります。
■しょうゆ・ざるうどんはうどんを締めてコシを楽しむために、麺〆(水洗い)をします。

<手順>一、茹で上がったうどんを鍋からざるに移します。
二、冷水でもみ洗いし、うどんをキュッと締めます。
■かけうどんはコシのある温かいうどんを楽しむために、上記一、二の手順にて水洗いし、締めた後、新しいお湯の中で湯通しし、温まったうどんを器に盛ります。


本場香川の讃岐うどん購入はこちらから>>>こだわり麺や